偉人HACK

【これで完璧】朝に絶対に二度寝しない方法を伝授しよう

二度寝しない方法とコツ
  • 朝、気づいたら二度寝してしまっている
  • 早く起きれても、すぐにやるべきことができない
  • 二度寝せずにサッとやるべきことができる方法を知りたい

こんにちは!偉人ハックブロガーのカズせん(@kazusen5)です。

今回は、上記の悩みを解決します。

朝早く起きてやりたいことをやろう!と考える人は多いと思います。

そこで現れる天敵がいますよね。

そう、二度寝の野郎です。

二度寝の画像

こいつ、マジでうざい。こいつに導かれて、朝が潰れたことが何度あったことか。キライ。

しかし!しかしですよ!

今は朝6時に起きて、頭が冴えた状態でやるべきことにすぐ取り組むことができるようになりました!

そう、二度寝をフルボッコにして倒せるようになったんです!

コツは、朝起きてからのやるべきことに至るまでの過程をルーティンワーク化することと、その中に眠気を吹き飛ばす行動を加えること。

この記事にそれらをすべてまとめました。ここに書いてあることを即実践すれば、二度寝せずにやりたいことに爆速で取り組めるようになるはずですよ!

絶対に二度寝しない眠気を吹き飛ばす方法5選

二度寝しないために頭をシャキッとさせる方法を5つ取り上げますが、まずは朝の時間を作り出さないといけません。

朝の時間を作り出すために早く寝れるようになる記事はこちら▼

https://www.beltowerblog.com/fast-sleeping

なんのために朝早く起きるのか?朝を最強の自分のための時間に変える!記事はこちら▼

超夜型人間が毎朝6時に起きてやるべきことをやれるようになったHACK
超夜型人間が毎朝6時に起きて、やることをやれるようになったワケ 朝の時間の有効的な活用方法が分からない 朝の時間が大事だって聞くけど、結局ダラダラしてしまう そもそも朝起きるの...

1. スマホアプリ『おこしてme』でベッドから強制的に立ち上がる

朝布団から出るのに時間がかかる・・という人にオススメなのが、『おこしてme』という目覚ましアプリ。

そもそも『起きた』とはベッドの中でアラームを解除することではなくて、『ベッドから出て自らの足で立ち上がる』こと。

枕元でなったアラームで目が覚めて、アラームを消した段階では、「起きた」とは言えないんですよ。

そこでオススメなのがこの『おこしてme』。このアプリには アラーム解除のために『登録した写真と同じ写真を撮影しないといけない』という機能がついています。

つまり、自分の足で歩いて行かないといけない場所にあるモノを写真登録しておけば、強制的にベッドから出ざるをえないんですね。

強制的にベッドから立ち上がらせてくれる唯一の目覚ましアプリが、この『おこしてme』です。

カズせん
カズせん
カズせんは、洗面所の歯ブラシの写真にして、アラーム解除後にすぐシャワー浴びながら歯を磨くようにしてるよ
おこしてME ( アラーム ) - Alarmy

おこしてME ( アラーム ) - Alarmy

Delight Room Co., Ltd.無料posted withアプリーチ

スマホのブルーライトを浴びる

朝はブルーライトOK

ブルーライトは、スマホやパソコンのディスプレイから放出される強い光で、脳を覚醒させる効果があります。

ブルーライトって夜寝る前は浴びると眠れなくなるからNGなんですが、実は朝ならガンガン浴びてオッケーなんですよね。

ツッコミウルフ
ツッコミウルフ
夜は敵だけど朝は仲間という変な光だな

朝起きた瞬間にスマホを見るのは、実は脳を覚醒させてくれるいいことなんです。

二度寝できないように、服をすぐ着替えて髪型をセットする

すぐに身だしなみを整える

このあと『横になったら損』な状態に持っていくために、顔を洗ったらすぐに髪型をセットして身支度を整えちゃいましょう。

せっかく髪型をセットしたのに、横になって変な癖がついちゃうのは避けたいですよね?

せっかく着替えたのに、服に変なシワがついて欲しくないですよね?

この気持ちを利用するため、朝起きたらすぐにいつでも外に出てもオッケーなような髪型と服装にする。

そうすれば、もう横になりたくないと心理的に思うようになります。

カズせん
カズせん
ヘアセットしてる時は集中しやすいんで、自然と目が醒める効果もあるよ

朝の作業に着手する前に、身支度を完璧に整えるのが、二度寝しなくなるコツです。

家の周りをぐるりと5分ほどグルリと散歩する

身支度を整えたら、朝の散歩を家の周りを軽く5分ほど散歩するのがオススメ。

朝の5分の散歩が生産性を高める

日光を浴びると、セロトニンというホルモンが分泌されます。

セロトニンは脳を覚醒させ、精神を安定させてくれる、通称『幸せホルモン』。

しかもセロトニンは夜になるとメラトニンという睡眠ホルモンに変化し、快眠を促してくれるんです。

夜よく眠れるようになって、しかも朝の時間の集中力も高めてくれる朝の散歩を、ぜひ取り入れて見てください。

カズせん
カズせん
アイデアが急に浮かぶこともあるよ

最終手段は、ベッドを夜まで使えなくする

眠気を吹きとばす!、とはちょっと違うんですが・・

これは二度寝してしまう場所を消し去る!という裏技的手法。

ここを・・

ベッドの写真

どりゃあああああああああ!!!!!

ベッド上に大量の本
ツッコミウルフ
ツッコミウルフ
どういうつもりや

二度寝してしまう場所、つまり ベッドの上で寝れなくさせるという荒技 です。

そもそも、二度寝してしまう場所があるから寝てしまう わけですよ。

布団だったら畳んだらいい、でもベッドは畳むことはできない。

じゃあ、物理的に使えなくしちゃおうと思って、朝はベッド上に本をばら撒くことにしてます。

ツッコミウルフ
ツッコミウルフ
ゴリラやんけ
カズせん
カズせん
そういうこと言うなや!!

朝の行動テンプレートを作ろう

眠気を吹き飛ばす方法を知った上で、起きてからやるべき作業に移るまでの朝の行動テンプレートを作ってしまいましょう。

テンプレートを作っておくことで、いちいちあれをしなきゃと考える必要がなくなり、機械的に行動に移せます。

作るのはめんどくさいかと思いますが、これをやっておいた方が後で楽になってきますよ。

カズせんちょーの朝のテンプレートはこちら▼

朝の行動テンプレート

意識した点は、以下の通りです。

時間で管理はNG!場所で行動を管理しよう

注目して欲しいのは、場所と行動を結びつけているところ。

時間で行動を管理するのではなく、場所で行動を管理しましょう。

場所と行動を結び付けよう
ツッコミウルフ
ツッコミウルフ
なんで時間じゃあかんの?

それは、時間を守れなかった時に出てくる自己嫌悪を無くすためです。

慣れていくと「この行動は何分ぐらいかかるな」と分かってくるんですが、最初のうちは予想が立てづらく、どうしてもオーバーしがち。

ボーイ
ボーイ
あ〜〜思ったより時間かかって、やることの時間が取れなさそう・・・

なんてことになって、やるべき作業に身が入らないと身も蓋もありません。

重要なことは、時間を守ることではなく朝のやるべき作業に頭が冴えた状態で没頭すること。

場所で管理だと、「ここではこれ、今はこれ」と場所ごとに記憶できます。

「今何分だっけ!?」っていう余計な焦りを感じなくて済むんです。

寝室(作業場)を出た後は、寝室に戻らない

僕の場合、寝室がブログ作業場を兼ねています。

なので、いちいち部屋に戻るとベッドが目に入って、二度寝の誘惑に負けてしまうことがありました。

そこで、前日に明日着る服を脱衣所に置くことで、朝に脱衣所へ行った後は、寝室に戻る必要がない工夫をしました。

カズせん
カズせん
寝る場所と作業する場所が別な人は問題ないよ。

行動を鎖のように一連の流れにする

行動は鎖のように繋げていく

1つ1つの行動を完結させるんではなく、一連の流れのようにしてしまいましょう。

例えば、僕の朝のルーティーンだと、

  • 起こしてmeのアラームを脱衣所の歯ブラシで解除→その歯ブラシを持ったまま浴室で歯磨き&シャワー
  • シャワーから出たらそのまま着替えて髪型をセット
  • コップ一杯の水を飲んだらそのコップを玄関先に置く→そのまま散歩→帰宅後コップを取って朝食に使う

なんかがそうですね。

動きがブツ切りだと「次は何すればいい?」と迷ってしまいます。

鎖のように動きを一個一個連動させて、やるべき作業まで一直線でいきましょう。

まとめ:自然と目が覚めていく行動を朝のテンプレートに組み込んでいこう!

二度寝を倒して充実した朝を!

まとめ!

  1. スマホアプリ『おこしてme』で、ベッドから強制的に立ち上がる
  2. スマホのブルーライトを浴びる
  3. 二度寝できないように、服をすぐ着替えて髪型をセットする
  4. 家の周りを、5分ほどグルリと散歩する
  5. ベッドを寝れない状況にする
  6. 朝起きてからやるべきことまでの、ルーティーンを作る

いかがだったでしょうか。もともとは超夜型人間で二度寝大好きだった僕が、二度寝しなくなった方法をすべて詰め込んでみました。

朝の二度寝は、気持ちいい。

でもその気持ち良さってその瞬間だけなんですよね。

目覚めてから「今日も朝にやることができなかった・・」「こんな時間まで寝ちゃった・・」という罪悪感に襲われてしまいます。

でも朝ちょっと踏ん張ってシャキッとしてから、やるべきことをやれば、その日1日がハッピーになれるんですよ。

1日1日でいいので「今日の朝は、めっちゃサイコーだった!」って日を増やしていきましょう!

ABOUT ME
カズせん
元コメディアンブロガー&WEBライター。偉人たちの知恵や仕事術や習慣を現代のツールと組み合わせて次世代のHACKを作り出すことに精を出す20代。
smoothing: antialiased;